受講をしました。生物の構図や実施の基礎単位である細胞は、どのようにして値を増やしているのでしょうか。体調をつくって要る細胞が、増えていくときについて見ていきます。1個の細胞が2個以上の細胞に分けることを細胞防止といいます。単細胞生物では細胞防止によって、おんなじ個体を繰り返すことができます。また、多細胞生物では細胞防止を繰り返して細胞の値を足し、さまざまな実施を有する細胞が生まれることによって、個体が形成されている。細胞防止には、ボディ細胞防止と減数防止があり、ボディ細胞防止はボディ細胞(生殖細胞他)が高まるときに行われます。核分裂の前期の始まりから、内期を経て次の前期の幕開けまでの手続きを細胞回転といいます。染色ボディは棒状になり、縦の切れ込みがわかるようになります。根幹小体と根幹膜が消失します。そして、染色ボディが細胞の赤道実態に並びます。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。すっぽん小町 楽天